プロに相談をして、あなたにぴったりの保険を見つける

日本人

節税対策として

相続節税対策について

説明

身内が亡くなった時に悲しみに暮れている暇もなく、相続で争いとなることも少なくありません。これはお金が絡む話なので、人間だれしも少しでもお金をもらいたいと思うものです。遺言書があればそれに従うしかないためもめることもありませんが、遺言書がある場合の方が稀です。なので残された家族・親族に少しでもお金を残せるよう生前から節税対策を考えておくことは大切です。相続のための節税対策としてはいくつかありますが、最も多くの人がとっている方法は保険を利用することです。生命保険で亡くなった時にお金がおりてきた時、相続人の人数分相続税が軽減されます。保険は普段健康であれば効力を発揮しませんが、亡くなった時には残された家族の生活を守ります。

保険以外の方法

生命保険は受取人をしていするため相続争いとなることを防げます。保険金のお金の受取人それぞれに分配しておくことができます。また持ち家など不動産の相続が多い場合には生命保険金は大きな助けとなることもあります。相続税は現金で納税しなければならず、不動産ばかりだと肝心の納付するお金がないといったことになって、相続した不動産を売却しなければならないといった事態となります。生命保険による節税対策以外には生前贈与があります。これは贈与税の対象とならない金額の範囲内で少しづつ残された家族にお金を贈与する方法です。亡くなる3年よりも前に贈与した分であれば相続税の対象となりません。節税対策として相続することになる金額が多い人は早めに少しづつ長い年月をかけて贈与していくこととなります。